なぜ大阪のリフォーム工事が人気なのか徹底調査しました

サイトマップ

赤いレンガがある部屋

リノベーションに浸食されるリフォーム

リフォームとリノベーションの違いを語る前に、まずはその語源を理解しましょう。リフォーム(reform)とは本来、社会制度などの改正や改革、人を改心させる事を意味します。それを日本では、かつては衣類の仕立て直しに、今では建築の修繕に使うようになったのです。
それでは英語でリフォームは何と呼ぶのかというと、それこそがリノベーション(renovation)です。つまり単語のみをただ見るならば、リフォームは和製英語でリノベーションこそが正しく、両者は全く同じ意味合いで使われるべきものという、ただそれだけの話になります。
それだけの話で終わらないのは、リノベーションという言葉をわざわざ日本に持ち込んで使い始めた人のせいでしょう。誰が持ち出したかは不明ですが、その人が「リフォーム」という言葉に満足いかなかったのは察せます。
その証拠に、何となく家を直す事全般を指す言葉であるリフォームに比べて、リノベーションには「新築以上の性能に価値を向上させる」「大規模改修(例えば間取り変更等)」といった意味合いが強く打ち出され、差別化が図られています。そして相対的にリフォームは、「マイナスを0に戻すだけ」「小規模改修」という意味合いを押し付けられつつあります。
しかしそもそもリノベーションなる言葉が出る前までは、増築改築何でもござれでリフォームと呼んできたのです。言葉のリフォームも慎重に行うべきではないでしょうか。

Copyright © 2016 なぜ大阪のリフォーム工事が人気なのか徹底調査しました All Rights Reserved.